Lenovo ThinkPad L520をUSB2.0→USB3.0化するExpress Card54とeSATA接続ケーブルで高速化


こんちくわ あ゛じです。

前回のL520高速化記事の続きです。

L520の接続ポートはUSB2.0しかない

前回、起動ディスクをSSDにしたことで劇的に速くなったL520ですが、外付けのUSBメモリなどにデータを移す場合、接続ポートがUSB2.0しかないからすんごい遅いんですよ(汗)

クリーンインストールしたい時なんかにデータのバックアップを取るときは、寝る前や出かける前とかに仕込むんで待ち時間は感じないんですが、スグに出来ないのはやっぱ若干のストレスです。

今回は、そんな悩みを解決するアイデアグッズを試してみました。


保証人不要 1ヵ月入居可能 家具家電付き

服&ファッション小物 の 売れ筋ランキング

USB3.0ポート増設で高速化

なんか高速化出来る変換ケーブルみたいのがないかなぁ~と探していたところ、Express CardタイプのUSB3.0ポートを発見!

L520にはExpress Cardの差込口があるので、これは使えそう!

Express Cardって最近は使わなくなりましたが、昔はインターネットへ接続する時に、差し込んで使っていた記憶があります。

カードのタイプは34と54の2種類(幅の違い)で、L520は54が使えます。



レビューを見ると耐久性に問題がありそうですけど、安いんで購入してみました。

海外発送で到着まで時間がかかるとのことでしたけど、1週間くらいで到着。


お~!

青い色はUSB3.0の証!

(青じゃなくても3.0の場合もある)


差し込むときはスパッ!と差さないとUSB2.0で認識してしまうそうです。


ピッタリ収まります。

外すときは、一度奥に押し込んで、カチッとなったら飛び出してきます。


付属のディスクでドライバをインストールして、バッチリ認識しました。


さて、どれだけ効果があるのかベンチマークテストをしてみましょう。

これは既存のUSB2.0ポートの数値です。


USB3.0のUSBメモリを接続した場合


若干、速くなったくらいですね。

だったらと、USB3.1のUSBメモリを同じポートに接続してみました。


なんか壊れてない!?ってくらいメッチャ速くなってるんですけど!w

だってPC購入初期状態の内臓されているHDDがこの速度ですよ?


内臓HDDの立場が・・・w

今まで気にしたことがなかったんで知らなかったんですが、USB3.0よりUSB3.1の方がデータの転送速度が2倍速いそうです。


たまたまUSB3.1のUSBメモリを持っていましたw

こんなに差があるんだったら、USBメモリは3.1がマストですね。

USB2.0と大して変わらないくらい安いし。

USB3.0ポートが3つも増えて、速度も爆速なので大満足!

ただ、熱を持つので、手を置いていると熱くて心配になってきます。

オレの場合、常時接続する必要はないので、使用する時だけ接続することにします。

eSATA変換ケーブルも買ってみた

実はUSB3.0化を模索しているとき、新たな真実を知ってしまいました。

それはL520にはeSATAポートがあるということです。


あることも知らず、使ったこともなかったのでホコリまみれになってますw

ここは何を繋げるんだろうなぁ~くらいにしか思っていませんでしたが、あらためて取説を見てみたらeSATAポートとのこと(実はUSBも挿して使える)。

eSATAはUSB3.0よりも速いという話もあるので、有効活用できるんじゃね?と、安い接続ケーブルを買ってみました。


上からeSATA端子、電源供給用のUSB端子、相手側に繋ぐ端子です。


相手側の端子には内臓タイプのHDDやSSDを繋いで、外付けとして使用出来ます。

ベンチマークテストをしてみたところ、上の方に載せた内臓HDDの結果とほぼ同じでした。


内臓のHDDとほぼ同じ感覚で使えるってのは素晴らしいんですが、USB3.1を知ってしまったので・・・w

まぁ、使う機会があるかもしれないので、持ってても良いかなと思ってます。

おわりに

今回は、自分的にはUSB3.1のことを知れたのが一番の収穫でした。

どんどん技術は進歩していくんで、自分があまり関わらない部分はスグに浦島太郎状態ですw

L520の高速化はこれでひとまず終了しますが、おうち時間の暇つぶし(PC改造)はまだまだ続きます。