【ムーヴカスタム】LA100SにDIYでバックカメラを取り付けしてみた


こんちくわ あ゛じです。

お出かけ出来ないゴールデンウィーク中、息子のムーヴくんにバックカメラとハンズフリーマイクを取り付けることにしました。

結果は?・・・w

参考にどうぞ。

準備した物

ゴールデンウィーク前にAmazonで購入しておきました。

新型コロナの影響なのか、品薄で在庫が無い商品が多いんで、苦労しました。

バックカメラ


超高画質 100万画素に惹かれ、これにしました。

いつもありがとう?w

中に書かれているサイトに登録することで1年間保証となり、レビューを書くことでプレゼント(LED球だったか)が貰えます。


中身はカメラ、延長ケーブル、ネジです。


レビューにもいくつか書かれていますが、バックランプに繋ぐ線とアース線が細すぎなんですよね。

ここで接触不良を起こす可能性があるので要注意。


リアカメラ接続ケーブル


ナビがKENWOODのMDV-Z904Wなので、それに合う接続ケーブルを購入。

カメラ側から出ている黄色いRCA端子のままナビに挿せれば済む話なのに、なんでわざわざ変換させるんでしょうね?

ハンズフリーマイク


KENWOODの純正品が分からず、レビューでこれも使えると書かれていたので購入。

(本命は違うヤツだったが、在庫なしだったのでこっちに)

しかし、これが失敗。

後で出てきますが、使えませんでした(汗)

もう一度販売ページを確認したら、レビューもすべて消えてましたw

コルゲートチューブ


カメラから出ているケーブルを、車内に引き込むまでの間、保護するために購入。

太さが色々あって迷ったけど、φ7でバッチリでした。

テープ類



テープ類は家にある物で間に合うと思ったんですが、在庫が分からず、不足したら嫌なので安いのを購入しときました。

アルミテープは初めて使ったんですが、これはスゴく良かったんで買っておいたほうが良いと思うぞ。

コルゲートチューブ同様、ケーブルを車内に引き込むまでの間、保護するために使います。

その他

あとはドライバーとかの工具類は必要です(特殊なのは不要)。

あと、内張剥がし、配線接続端子みたいのがあれば、より快適に作業出来ます。

参考:ここで使ってるようなヤツがあると便利


▼3か月はヤバイでしょ!▼

バックカメラ取付作業

それではバックカメラの取付作業を開始します。

まずは荷台の物を全部出します。

この発泡も取り出すので、後部座席を前にスライドさせます。


これで取り外せます。


荷台はそのままにしておいて、カメラの設置場所を決めます。


ナンバー灯の右脇に設置し、ケーブルはナンバー灯の隙間から通す事にしました。

ナンバー灯ケースは、両端の引っ掛かりを内側に押しながら引っ張ると外れます。

更に電球のソケットをネジるとケースと分離出来ます。


ナンバー裏に配線を通すので、ナンバーも外しておきます。

ここでカメラの出番です!


ケーブルが通るのか確認してみます。

ナンバーが付いていた鉄板を少し手前に引っ張ると隙間が出来るので、ケーブルも通せました。


ナンバー灯ケースにはちょうど良いスキマがあるので、ここにケーブルを通します。


イイ感じに取り付け出来ました。

カメラの固定は最終段階で行います。


ケーブルはナンバー裏を通って、車体下から荷台のパッキン部分を通って車内に引き込みます。

車体下から荷台のパッキンまでの部分でケーブルを保護するため、コルゲートチューブをかぶせます。


今回の作業で一番感動したのが、このコルゲートチューブw

溝が切れているので後からケーブルにかぶせられるんだけど、この溝が絶妙にくっついていて、ファスナーみたいな感覚。

これスゴイ!

ただ、素材が固いので、ケーブルをキズ付けないよう注意が必要。

荷台のパッキンに穴を開け、更にカッターで十字に切ってケーブルを通りやすくします。

パッキンは柔らかいからカンタン。


こんにちわ!w


無事、取り込めました。

パッキン部分からコルゲートチューブがちょっと顔を出しています。


配線ですが、黄色いRCA端子が付いたケーブルはナビへ直行です。

赤黒のケーブルの赤はバックランプのケーブルと接続、黒はアースなのでその辺のネジとかの金属部分に接続です。

バックランプのケーブルは、左ルームランプ下にある小窓を開けると見えます。


でも、奥の方にコネクタがあって作業出来ないので、バリバリと周りの内張をはがして作業ですw


バックランプは青黒のケーブルなので、このケーブルとカメラの赤ケーブルを接続です。


写真を撮り忘れたので以前使った画像で説明しますが、配線コネクターを使って接続しました。


こんなふうに2本のケーブルを接続出来ます。


ただカメラ側のケーブル(芯線)が細いので、そのままこのコネクターに噛ませても、スカスカで接触不良になると思います。

なのでオレは芯線を長めに出して、折り返して巻き付けたりして確実に接触するようにしてみました。

ハンダ付けしたほうが確実なんでしょうけど面倒だったので・・・w

あと、黒ケーブルはそのへんに接続しときました。

ナビに接続するケーブルは助手席側のドア下にある内張をバリバリはがして中に収納しながら、ダッシュボードまで引っ張ってきました。

何故かこのあたりの作業は、写真を撮り忘れています。

暑い日だったので、多分、意識朦朧だったんでしょうw

さて、次はナビの取り外しです。

パネルは結構、簡単にはがせました。


ハザードのコネクターを引っ張って外します。


ここで接続ケーブルの登場です。

カメラ側のケーブル(RCA端子)と接続します。


反対側のコネクターを接続するのはここです!


合体完了!

これでバックカメラの配線作業は終了です。


と、ここでハンズフリーマイクの登場です。


ハンズフリーマイクの接続端子はココ!


あったぞー!と、挿してみたら・・・


ガバガバじゃん!!!

(太平洋にゴボウとか言うヤツw)

マイクの端子は2.5φなんだけど、たぶんナビの穴は3.5φ。

やられた~(汗)


太さの違いは変換アダプターを付ければ解消するので、マイクは後日取付することに。

(変換アダプターは注文済み)

気を取り直して、この状態で一度、バックカメラの動作確認です。

中国製だから不安だったんですが、ちゃんと映りましたw


あとは本格的に仕上げ作業に入ります。

アルミテープでケーブルを保護します。


車体下のコルゲートチューブ~パッキン部分にも貼って防水処理です。


カメラも固定しました。


カメラをステーに固定させるネジがショボくて、そのうちカメラが外れて脱落しそうな気がします。

対策考えないと。

なんかカメラの映りがおかしいなぁ~と思ったら、左右逆に映ってましたw

そういえば、この白ケーブルを切断しないと逆に映る(フロントカメラ用)とか書いてあったっけ。

忘れてた。

(緑ケーブルはガイドラインの表示、非表示切替)


白ケーブルを切断し、切断面をビニールテープで保護して終了。


▼優遇条件で稼げる!▼

おわりに

見事にバッチリ映ってます!

オレってステキ!(謎)w


バックギアに入れてから映るまでのタイムラグも無く、快適です。

カメラにもガイドライン表示機能が付いているようですが、ナビ付属の表示機能を使ってます。

長持ちしてくれることを祈ってますw

作業時間:半日程度

費用:5千円未満