室内の蟻退治にはアリメツが超おすすめ!


こんちくわ あ゛じです。

蟻が室内に侵入してくる時季

毎年のことなんですけど、ウチの外に面している廊下に、この時季になると蟻さんがチラホラ侵入してきます。

とっても小さい蟻で、老眼のオレには繊維クズなんだか蟻なんだか良く分からないw

それほど沢山ってワケでもないので、見つける度に潰してると、そのうち出没しなくなるので大して気にしてませんでした。

今年も最近、この場所でウロウロしている蟻さん達を見かけるようになりました。

オレはそんなに気にならないんだけど、子供が騒ぐんですよw

虫を見ると大騒ぎw

蟻すら触ることが出来ないって、どんだけ軟弱なんでしょうか。

親から離れて生きていけるのか心配になってきますw

蟻退治には効き目バツグンのアリメツがおすすめ!

そんなワケで仕方がないので今回、本気で蟻退治をすることに。

まずはどこから蟻が侵入してくるのか、行動を観察して見極めます。

すると、サッシに近い板の合わせ目あたりに蟻が消えていくのを目撃!


こんなスキマを通れるの!?って驚いたんですが、とりあえず透明テープで塞いで様子をみてみることに。

ここだったら木工用ボンドで塞いじゃおうかな。

しかし数は減った気がしますが、まだ蟻の侵入は続いています。

どうやら他に出入り口があるようですが、蟻の数が少なくて出入り口を特定できません。

だったら、数を増やしてもらいましょうか。

美味しそうな毒エサでね。

グヒヒヒ・・・。


アリメツは食べた数時間後に効果を発揮するらしく、巣に持ち帰ってもらって巣ごと全滅させる殺蟻剤です。

ウロウロしているのは調査兵団なんで、そいつらだけ退治しても次々と新たな調査兵団が出てきてキリがないんですよね。

これなら出入り口の特定と巣ごと根絶の一石二鳥!

同じタイプでアリの巣コロリっていう有名なヤツあるけど、あれ、エサが大きくて小さな蟻には適してないと思うんですよ。

アリメツは液体なんで、小さな蟻でもお持ち帰り出来ます。

付属の受け皿にアリメツを10滴くらい垂らして置いてみます。


するとスグに1匹の蟻がたかってきました!


どこからともなく集まってきます。


これ、スゴイです!

どんだけ美味しそうな匂い?なんでしょうね!w

が、これ以上増えず。

近くでウロウロしている蟻が他にもいるんですけど、そいつらは気付きません。

思うに、受け皿が良くないんですよ。

見ての通り、小さい蟻が登り辛い形状してますよね。

これが良くないと思います。

なので、堅めの紙にアリメツを垂らして置いてみると、ワサワサと集まってきました。

鳥肌立つ人がいるかもしれないので、画像はありませんw

数が増えたことで、こいつらの出入り口も発見!

サッシの柱の部分でした。

だったらと、この柱の近くにアリメツを垂らした紙を配置。

あっという間に黒山の人だかりですw

このままの状態で2~3時間ほど経過。

するとピタっと動きがなくなりました。

アリメツに埋もれながら息絶えている蟻も多数います。

どうやら全滅したようです。

あとは出入り口を木工用ボンドで塞いでミッション終了です。

おわりに

以降、一匹も侵入してきていないので、大成功だったと思います。

アリメツ恐るべし!w

ただ、残念ながら弱点が1つあって、それは乾燥すると蟻は全く興味を示さなくなってしまう点です。

その場合、水を足すか、アリメツを足すかする必要があります。

オレの場合、1時間程度で乾燥してしまったので、注意したほうが良いですね。


これスゴイ!無料分試してみて!