ブラインドタッチに宣戦布告!キミに秘密兵器を与えよう

f:id:tokushitai:20160708114425j:plain

こんちくわ! あじです。

朝起きて、ポカリを飲みたかったんです。

冷蔵庫から冷えた缶を取り出してプシュッ!

勢いよく口に流し込んだんですが、ブーッと噴いてしまいました(汗)

自分でも何が起きたか分からずビックリしたんですが、よく見たら、何故か手にしたのはポカリの缶ではなく、酎ハイの缶でした。

キツネさんに騙されたようです。

自分が想像していた味と違うものが口に入ってきたら、噴き出すように人間の体は出来ているんですね。

人間ってステキだわ♪

私は高校の時、某有名スーパーでレジのバイトをしていました。

大抵は女性が担当するんですが、キミは真面目そうだからレジやってねって言われまして(見かけで判断しちゃダメですよw)。

その頃のレジは今みたいにバーコードをピッじゃなくて、テンキーで金額を手打ちだったんです。

さすがに人差し指1本で打つのはキツイ。

特に指導とかもしてくれないし、仕方ないので自分で特訓しました。

紙にテンキーを書いて、右手5本の指で打つ練習。

間違ったらお客さんに迷惑がかかるので、スピードだけじゃなく100%正確に!

打つ!打つ!打つ!打つ!打つ!

この星飛雄馬ばりの特訓のおかげで、ついに完璧な右手ブラインドタッチを習得。

なめらかに打つ右手の指先に見とれ、ボーっとしてしまう主婦が続出!

のワケないか

月日は流れ、某大手企業に就職。

仕事は生産管理がメインだったけど、マスター構築やデータ入力がすごく多かったんです。

ここでも完璧な右手ブラインドタッチは絶大な威力を発揮!

どのくらいの威力だったかというと

当時は昼と夕方の2回、たまったデータを本社サーバーに送信していたんですが、

その想定していた送信量を遙かにオーバーするデータを打ち込み、エラーでデータが全部ふっとぶくらいw

そんな悪魔的な右手ブラインドタッチですが、役に立つことも多々ありました。

当時のシステムはまだまだの出来で、データ量オーバー以外にもシステムがダウンしたりして、データがふっとぶ事が何回かあったんです。

そんな時はデータを再入力しなければならないのですが、EDPのお姉さん2人では足りず、スーパーサブとして呼び出されてました。

EDPのお姉さん2人と、3人で一緒に並んでパソコンに座り、ひたすら入力です。

当時の私は若かった。

欲望ギラギラ、毎朝フルボ○キの真面目そうに見える青年時代。

両手ブラインドタッチVS右手ブラインドタッチ

ぜってー負けねぇ!

勝手に心の中で闘志を燃やし、全力で打ち込んだもんです。

お姉さん達は両手、こっちは片手。

両手のほうが有利そうなもんですが、そうでもない。

データは紙に書かれているんです。

1件入力するたびに紙をめくらなければならないんですね。

両手だと、毎回、片手をキーボードから離して紙をめくらなければなりません。

でも片手だと、左手で紙をめくりながら、入力はぶっ続けて出来るんです。

毎回、スピードはだいたい互角でしたかね。

ただ、最終的に出てくる入力エラー件数ではいつも勝利してました。

ちなみにその後、このお姉さん達2人とは時期を別にして、それぞれお付き合いして美味しくいただいてるんですが、

夜、2人で街を歩っていたら、バッタリもう片方のお姉さんと鉢合わせしてしまいまして、

ん?

なんかタイトルと全然違うことを書き続けてますね。

怒られそうだからこのへんで本題に入りましょうw

ときめきアイドル

ブラインドタッチに対抗するワザ

このワザは、同じフレーズをよく使う場合に有効です。

やり方はカンタン!

IMEに単語登録してしまうんです。

今回、「武井咲」を例にしてやってみます。

このブログではよく使う言葉ですからね!w

f:id:tokushitai:20160708134759j:plain

な、なんてカワイイんだ!!!

スマホの待ち受け、これにしちゃおっかな?

あ、あと、アプリ開発者のみなさん、Siriの声を武井咲ちゃんに変えられるアプリをぜひ開発してください!

世間話も出来るSiriの声が武井咲ちゃんだったら、もうサイコーに楽しい毎日になると思うんです。

こんなアプリ開発したら、爆買中国人と一緒のツアーに参加出来るくらいの富と名声を手に入れられると思うんですが!?

どう?どう?

いや、実は私もiphoneのアプリ開発にチャレンジした・・・

ああっ!また話が脱線!

まず、IMEのツールボックスをクリックします。

f:id:tokushitai:20160708134826j:plain

その中の「単語の登録」をクリックします。

f:id:tokushitai:20160708134947j:plain

単語欄に「武井咲」、よみ欄に「た」と入れ、「登録」をクリックします。

f:id:tokushitai:20160708135254j:plain

これで準備完了!

「た」と入力して変換してみましょう。

f:id:tokushitai:20160708135422j:plain

すると

f:id:tokushitai:20160708135434j:plain

出ましたね!

意外とひらがな1文字を変換する事って少ないんですよね。

だからこういう登録をしておいても邪魔にならないんです。

私は「い」に「いつもお世話になっています。○○○の○○○です」と登録もしています。

メールなんかで結構使うフレーズなので。

どうですか?

ひらがな1文字を入力するだけなら、ブラインドタッチにも勝てますよね!

(良く使うフレーズ限定ですが・・・)

え!?

1文字すらキーを見つけられない?

が、がんばれとしか・・・