はてなブログで記事URL一覧を取得する方法

こんちくわ あ゛じです。

WordPressに引っ越したら、アクセス右肩上がりです!

まるでサッカー日本代表のようですね!w

自分の記事URL一覧を欲しくないかい?

はてなブロガーの諸君!

キミたちは、自分のブログ記事すべてのURLを知りたいと思わないかい?

え、思わない?

だよねぇ~

じゃあねぇ~バイバ~イ

アハハハ・・・


じゃねーよ!


欲しいんだよ!

絶対そーなんですっ!!!

トップページに記事一覧を作るとかでね。

アクセス解析見た時にも、


こんなんじゃ、なんの記事だかワカランから、いちいち自分でページ開いてみたりして面倒じゃん?

そういう時のために、記事URL一覧は必要なんですよ。

分かったかな?

早く注文しないと売り切れるよ!

記事URL一覧を取得する方法

それでは、はてなブログの記事URL一覧を取得する方法を伝授しましょう。

ちなみに、他ブログでも、記事のエクスポートが出来るなら多分可能だと思います。

使っているのがWordpressなら、それこそ簡単に出来ちゃいますよ♪

記事URL一覧を取得する技術は「スクレイピング」というらしく、Rubyとかnokogiriとかで出来るらしいんですが、実は挫折しましたw

なのでこの方法は、あ゛じオリジナルバージョンです!!!

記事URL一覧取得の作業概要

作業の概要について説明しますね。

そんなに難しくないと思います。

  1. はてなブログから記事データをエクスポート
  2. Instant WPへ記事のインポート&パーマリンクの設定
  3. プラグイン「Export All URLs」でURL一覧を取得
  4. エクセルでドメイン部分を一括で修正

こんな流れです。

あと、今回はエクセルを使うので、ついでにリンクタグの一括生成もオマケで書いておきましょう。

作業時間は、Instant WPを既にインストール済なら30分程度です。

それでは、いってみよっ!

記事データのエクスポートとInstant WPへのデータ取り込み

実は上記1と2については、引っ越しの記事で既に説明しています。

なのでそちらを見て作業して下さい。

・Instant WPのインストールについてはこちら

・はてなブログから記事データのエクスポートとInstant WPへ記事のインポート&パーマリンクの設定

上記設定が終わったとして、次に進みます。

「Export All URLs」で記事一覧を表示

プラグイン「Export All URLs」をインストールします。

「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

Export All URLs と入力し検索します。

インストール&有効化します。

「設定」→「Export All URLs」をクリックします。

開いた画面で以下のように設定します。

注意したいのは一番下のExport Typeです。

通常のWordpressの場合、「CSV」を選ぶと、Wordpressのサーバーフォルダ内にCSVファイルを出力するそうです。

WordPressを使っている環境なら、こちらのほうが便利です。

つか、これでURL一覧の取得完了になります。

しかし、今回は仮想WordpressのInstant WPなので、サーバーフォルダはありません。

こちらを選ぶとエラーになります。

「Output here」を選んで「Export Now」をクリックします。

ズラっと表示されたと思います。

ただ、Instant WPなので、画像の「IPアドレス」と黒く塗りつぶした部分が本来のドメインではなく、IPアドレス(どれも同じ数値)で表示されています。

エクセルでIPアドレスをドメインに一括置換

表示された一覧をコピーし、エクセルへ貼り付けます。

ドラッグ(右クリックしたまま、ポインタを動かす)して反転出来ますが、数が多いとキツイです。

その場合、一番左上の「1」の左側をクリックします。

見た目はなにも変化ないけどちゃんと指定されているので、そのまま画面を触らず、マウスホイールか右端のバーを使って一番最後まで移動し、「Sfift」を押しながらクリックすると、その範囲が反転します。

その上で右クリックし、コピーしましょう。

エクセルを開き、A1セルの上で右クリックし、「貼り付け先の書式に合わせる」をクリックします。

ちなみにAとBの境界にポインタを持っていき、画像のマークに変わったらダブルクリックすると、いっぺんに列の幅を適正化出来ますよ♪

こんなカンジになっているので、黒塗り(IPアドレス)の部分をドメインに一括で置換します。

エクセルの機能「置換」をクリックします。

以下画像のように「検索する文字列」にwordpressまでを、「置換後の文字列」にブログURLを入力し、「すべて置換」をクリックします。

これですべて正しい記事URLになったと思います。

これってタイトル順になっていると思うので、例えば日時順に変えたいなら、C列をすべて選択して反転させ、並び替え(A-Zなら古い順)出来ます。

これで記事URL一覧の取得は完了です。

amazonクリスマス特集

記事URL一覧からリンクタグを一括生成

さて、それではオマケで、このURL一覧から、リンクタグを一括生成してみます。

作るタグは以下になります。

D1、E1、F1それぞれのセルに以下を入力します。

(コピペでOK)

D1セル

<a href=”
E1セル
” target=”_blank”>
F1セル
</a>

してG1セルには以下を入力。

=$D$1&C1&$E$1&B1&$F$1
するとG1にURLとタイトルが入ったリンクタグが表示されます。
G1セルの右下にポインタを持っていき、ポインタが✚になったらそのまま下へドラッグすると・・・

下のセルに数式がコピーされていき、それぞれのリンクタグが表示されます。

あとはこのタグをページ(テキスト)に貼り付ければOK!

おわりに

記事URLの一覧は、色々な場面で必要なんですよ。

うん。

ホ、ホントなんだからね!

エフンエフン・・・