はてなブログからWordPressへの引っ越しは予想外のトラブル続きだった

こんちくわ あ゛じです。

お久しぶりでございます。

(誰に言ってんだ?)

今回の引っ越しを振り返る

これが引越し後、初めての記事になります。

まだ荷解きが中途半端ですが、いくらか落ち着いたんで書いてみることにしました。

あ、引っ越しソバは昨日食べましたよw

段取り八分ということで、十分に作戦を練って臨んだ今回の引っ越しではありましたが、結果は大失敗だったと言わざるを得ません。

これから引っ越しを予定している人にとって、この失敗談が役に立てば幸いでございますw

(ジジイなので話が長いですw)

引っ越し計画の概要

今回の引っ越し内容詳細については後々、記事にしていきたいと思ってます。

大ざっぱに引っ越しの流れを説明すると、こんなカンジです。

  1. Instant WordPressというローカル(自分のPC内)だけでWordPressが動作するソフトを導入。
  2. はてなブログからエクスポートした記事をInstant WordPressにインポート。
  3. Instant WordPress内で見出しタグやパーマリンク等を修正し、整ったらDuplicatorというプラグインでデータをエクスポート。
  4. ドメイン(tokushitai.com)のネームサーバー設定を、はてなブログからエックスサーバーへ変更。
  5. エックスサーバーにtokushitai.comを登録し、WordPressをインストール。
  6. DuplicatorでWordPressにデータをインポート。
  7. 引っ越し完了!

普通にはてなブログで運用を続けながらローカルではデータ修正を行い、修正が完了したらデータを移行。

こうすることで、ユーザーからブログが見れない時間は上記4~6の間、10分くらいで済むと予想。

完璧だぜ!イッヒッヒ~w

で、実際に3の修正データエクスポートまで問題なく完了。

先週の土曜日に4以降を実行しました。

U-Finance

1つ目のトラブル発生

まずはドメインを取得した、お名前.comでネームサーバー設定を変更。

そしてエックスサーバーにドメインを登録し、管理画面からWordPressをインストール。

エクスポートしたDuplicatorのデータを、FTPソフトでWordPressのフォルダにアップロード完了!

よし、あとはブラウザから「http://ドメイン/installer.php」にアクセスしてインポート画面を開き、データをインポートすれば完了だ!とアクセスするも、エラーでページが表示されない。

あ、ネームサーバー変更が反映されるまで少し時間がかかるんだっけ。

5分後・・・まだかよ

2時間後・・・あれ?遅いなぁ

半日後・・・ウソでしょ!?

翌日の同時刻・・・あ、ありえねぇ~!!!

1日経ってもアクセス出来ず。

当然、ブログURLにアクセスしてもエラー表示がされるだけ。

DNS浸透問題

詳しいことはわからないけど、サーバーから自分のPCに届く経路のどこかで、以前のデータが残っている(キャッシュ)ために発生するらしい。

一応、お名前.comでゾーンデータの削除なるものをしてからネームサーバーを変更したんですけどね。

いろいろと調べたら、1週間経っても表示されない事例とかあるんですけど?(汗)

複数のドメインを運用しているので、ネームサーバー設定は何回も経験しています。

でも、今まではスグにアクセス出来ていたので、まさかの出来事です。

なんか設定が間違ったんじゃないかと、何回も確かめちゃいましたw

まだWordPressをインストールしただけで、ブログのデータはインポートしていない状態です。

つまりワタクシが苦労して書き溜めたブログは、世の中に今、存在していない状態なんです。

その状態で既に1日が経過しています。

メチャクチャ焦りましたw

PCを再起動したり、ブラウザのキャッシュを消してみたり、違うブラウザ使ってみたり、ルーターを再起動してみたり、違うPCからアクセスしてみたり、考えられる手段をすべて実行してみましたが、画面にはエラー表示しかされません。

何度リロードしたことか・・・。

まてよ

経路が問題なら、自宅とは違う経路でアクセスしてみたらどうなんだろう?

そう思いつき、スマホのWi-Fiを切って通常の格安SIM回線でアクセスしてみました。

うぉっしゃー!!!

そしたらアクセス出来るじゃないですか!

でも、スマホでデータのインポート作業など、とてもする気になれません。

そこでテザリングを使って、格安SIM回線にPCを接続して作業。

ちょっと動作が遅いけど、操作は問題なく出来ます。

(パケが気になるけど・・・)

もっと早く気付けば良かったよー!

2つ目のトラブル発生

急いでインポート画面にアクセスし、インポート作業開始!

いくつかのステップを進むと・・・

画面まっ白!!!

アレ?なんか失敗したのかな?

と、最初からやり直すも同じ現象。

WordPressを削除して入れなおしてみたり、エクスポートデータが壊れてるのかとエクスポートしなおしてみたりするも、やっぱりダメ。

アレコレ原因を探ってる途中、スマホでブログを確認してみると、PHPのバージョンが古くてこのバージョンのWordPressは使用出来ませんの表示。

ん?

WordPressをインストールした時、PHPのバージョンは確か、最新の7くらいだったハズ。

しかしエックスサーバーに行って最確認してみると、何故かPHPバージョンが5.1.6になってる。

???

よくわからんケド、最新の7に変更してインポート作業を再度実施。

が、またも同じ現象になり、スマホでブログを確認すると、やっぱりPHPのバージョンが古いという表示。

今、最新にしたばっかだよ!

と、エックスサーバーで確認すると、何故かまた、PHPバージョンが5.1.6に戻ってる!!!

なんだよコレ!!!

どうやらインポートの途中でPHPバージョンが5.1.6に書き換えられてるみたいです。

何回やってもPHPバージョンは5.1.6に戻ってしまいます。

どーすんのコレ?

もしかしたら、PHPバージョンを指定している記述部分を手動で書き換えればイケるかも?とか思って探してみましたが、素人のワタクシに分かるワケもなく(汗)

色々とネットで調べてみたところ似たような経験をしている人が何人かいましたが、いずれも原因はわからずじまいだったようで、解決方法を見つけることは出来ませんでした。

あぁ、引っ越す前に知っていればDuplicatorは使わなかったのに・・・。

もう、とりあえず、はてなに戻るしか無い!

はてなプロは解約したけど、期限までは使用出来ます。

ネームサーバー設定等はてなブログに戻すも、浸透するまで時間がかかるので結局ブログは表示されず・・・

この頃にはもう、泣きべそかいてましたw

あっけなく解決

あとは時間が解決してくれる・・・

そう自分に言い聞かせ、ウイイレやって気持ちを紛らわせようとしましたが、ダメですw

いても経ってもいられません!

違う引越方法を模索した結果、Duplicatorと似たようなタイプのAll-in-One WP Migrationというプラグインで引っ越し作業をしてみることに。

(またすぐに、はてなからネームサーバー変更するというw)

するとどうでしょう!

Duplicatorより操作は簡単!

そのうえ、あっという間にインポート完了!!!

つ、ついに!!!

キタ━━ヽ(゚ω゚)ノ━━!!

相変わらず自宅の回線だと表示されないけど、格安SIM回線で無事、ブログが表示されることを確認してバタンキュー(死語?)です。

ときめきアイドル

反省点

今回の引っ越しにおいて反省点を上げるとすれば、「先人の失敗談を確認しなかった」という点でしょう。

DNS浸透問題については仕方なかったと思います。

でも、Duplicatorの不具合については、事前に情報を得ることが出来たハズ。

何故、事前に不具合情報を得ることが出来なかったかというと、成功例しか参考にしなかったからです。

「引っ越しにはDuplicatorが便利!」とか「Duplicatorでラクラク移行しました!」とかいう系ですね。

そういう情報からは当然ですが、失敗談はあまり出てきません。

もっと失敗のキーワードで確認しておくべきでした。

今更ながら探してみると、結構ありますw

それと参考にした情報がちょっと古かった(1年以上前)っていうのも失敗の要因だったと思います。

こういう系は環境の変化も激しいので、ちょっと時間が経つと使えなくなったり不具合が出たりしますからね。

おわりに

こんなカンジで引っ越しは終わったんですが、引っ越ししてからがまた、大変でした。

これは失敗じゃなく、引っ越しした誰もが通る道です。

出来るだけ効率化したつもりなんだけど、どうしても手作業で1つ1つ・・・ってのが出てくるんですよね(汗)

そのへんのことはまた、書いていきます。

先々、引っ越しを予定している人は、1日も早く引っ越しすることを強くオススメしますw