水の事故 体験者の話

f:id:tokushitai:20160717181531j:plain

こんちくわ あじです。

・・・。

今日は、つかみはありません。

連休、いかがお過ごしでしょうか?

あまり天気が良くないところが多いようですが・・・。

明日は海の日なんで、水遊びに出かける人も多いかもしれませんね。

でも、水の事故にはくれぐれも注意してください。

オレは子供の頃、おぼれて間一髪だったことがあります。

小学校3年生くらいの夏、知り合いの家が集まってキャンプに行くというので連れて行ってもらった時のこと。

キャンプ場のそばに川幅10m程度の泳げる川があって、それほど深さもないので、子供も遊んでいたんです。

反対岸側に行ってみると、足首くらいの深さしかなかったんだけど下が岩でヌルヌル。

川の流れが結構速かったんで、ヌルヌルのせいで川下のほうに徐々に流されていくのが楽しかったんですが・・・

なぜか急に、足下の岩が無くなりました。

流された先は、ものすごく深い穴(くぼみ?)だったんです。

足首までしか水が無かったのに、一瞬で、足がつかない深い水の中に頭の先まで突っ込んだことでパニック状態。

結構、泳ぐのは得意だったのに、バタバタと手足を動かすだけで、泳ぐということを忘れていました。

必死に浮かび上がって息継ぎしながら助けを呼ぶものの、すぐに体力が無くなって手足も動きません。

もうダメだ・・・

川底に沈んでいきました。

死ぬ間際に、思い出が走馬燈のように流れていくっていう話がありますが、これ、ホントです。

意識が遠のいていくなか、それまで思い出しもしなかった過去の出来事が次々と思い出され、

そういえばそんなことあったなぁ~

なんでこんなこと思い出したんだろう

って不思議に思ったのを覚えてます。

いよいよ意識が無くなりかけた時、急に体が浮いて、呼吸が出来ました。

大人の人が、川から救い出してくれたんです。

マジで間一髪でした。

こんな、ホントにちょっとしたことが大きな事故につながると思います。

注意しすぎるくらい注意してちょうど良いんじゃないかな。

でわ~